性器ヘルペスの治療にはバルトレックスが効きます。バルトレックスは抗ウイルス薬でウイルスの増殖を抑えることができます。また、単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそうにも用いられ大変効果のあるお薬となっています。

薬局で出る性病の薬と血小板減少性紫斑病症状

血小板減少性紫斑病症状は基本的には生後まもなく発症する重症型が半数程度で、学童期に発症したり、成人期以降に発症するタイプもあるので、発症年齢によって症状も異なっています。後天性の血小板減少性紫斑病症状は体のだるさや吐き気、筋肉痛が起きてから発熱や貧血などが起きるとされていて、精神神経症状や腎障害などが起きることもあるので専門的な治療ができる病院で専門的な治療をしなければなりません。血小板減少性紫斑病症状の精神神経症状として見られるものは意識障害や錯乱、失語、知覚障害や視力障害などです。性病の治療は一般的には性病科の病院で行われるのですが、抗生物質が処方されるので薬局で受け取ることができます。しかし性病の疑いがあっても検査や薬局での薬の受け取りが嫌な場合にはインターネットでSTD検査キットを購入して検査をすることができますが、精度の高い検査は血液を採取して行われるので、STD検査キットで感染を確認した場合には性病科を受診して様々な検査を受ける必要があります。薬局で処方される薬は基本的には個人輸入代行サービスでも入手することができますが、性病は法律で定められた感染症なので、保健所などで実施される無料相談や病院紹介などを利用して定期的に検査を行うことが大切とされていて、自覚症状が少ないのでそのまま放置していることが多いので、重症化してから気がつく場合もあります。基本的にはセックスによって感染しますが、粘膜の接触や血液や体液に触れることで感染する性感染症もあるので、感染者と一緒に生活をしている場合には注意が必要ですが、クラミジアのように間接的な感染があまりないものに関してはタオルや食器の共用では感染することはありません。