性器ヘルペスの治療にはバルトレックスが効きます。バルトレックスは抗ウイルス薬でウイルスの増殖を抑えることができます。また、単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそうにも用いられ大変効果のあるお薬となっています。

尿道炎になる性病の検査は新宿クリニックで受ける

性病のことを「STD」と言い方もしますが、ひと口に性病といった場合でもその種類は様々なものがあります。
性病の中には自覚症状が乏しいことが多いですが、性行為を行った後に男性が多く感じる症状として、排尿時における痛みやかゆみなどの尿道炎の症状があります。
尿道炎は、尿道にウイルスや菌が感染することによって炎症を起こす症状となります。
尿道炎の原因菌となるものには、淋病やクラミジアといった性病の可能性があります。
クラミジアの原因菌のことをクラミジアトラコマチスと言いますが、近年では性病として発症する中でナンバーワンの病気です。
男性の場合だと尿道炎のような症状を発症しますが、コンドーム無しの性行為を行ったときに感染しやすくなります。
その他、近年の傾向としては、オーラルセックスによって性器から喉へ感染することも多くなってきています。
女性がクラミジアに感染したときには、そのままの状態で放置してしまうことで、子宮頸管炎などを発症する可能性があります。
子宮内膜から腹腔内にまで感染が広がることで、不妊症になってしまうことが懸念されますので、性病治療が受けられるクリニックを受診することが大切です。
クラミジアなどの治療は都市圏において、新宿クリニックで受けることができます。
新宿クリニックでは駅前の立地条件となるために、通いやすいメリットがあります。
また、看板に診療科目が掲載されていないことで、プライバシーのことを保護しながら治療を受けることが可能です。
新宿クリニックであれば、性病感染の検査の結果をインターネット上で確認することができるシステムが採用されていますので、すばやく感染結果を知ることができます。