性器ヘルペスの治療にはバルトレックスが効きます。バルトレックスは抗ウイルス薬でウイルスの増殖を抑えることができます。また、単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそうにも用いられ大変効果のあるお薬となっています。

尿道からの分泌液で性病は風呂で感染する場合も

性病と言うのは、基本的には性行為によって感染するものです。
勿論病気によっては出産時に母体から感染してしまう可能性がある場合もありますが、そういう場合は経膣分娩ではなく帝王切開をする事の方が多くなっています。
その為、性行為さえしなければ大丈夫、と思っている人もいるかもしれませんが、その他の方法でも感染してしまう可能性は決して0ではありません。
それがお風呂です。

それを聞くと、なる程、お風呂なら全裸になるからと思う人もいるかもしれませんが、またそれも少々違います。
ただ入浴する程度であればそれ程心配する必要はなく、同じお湯につかったとしても性病が移ってしまうという心配は殆どありません。
実際に病気を発症する菌自体はとても弱い物なので、体外に排出された後いつまででも生きていく事はできません。
お風呂のお湯の中ならなおさらです。

しかし実はお風呂から出て体を拭くときに使うタオルで性病が感染してしまう場合があります。
感染者の尿道から出てくる分泌液には、性病を引き起こす菌が含まれているのですが、それをタオルでふき取り、別の人が同じタオルで体を拭いたとしたらどうなるでしょうか。
時にはタオルを共有する事で、尿道から出てきた液が他の人の性器に付着し、そのまま尿道の中に菌が入り込んでしまう可能性があります。
従って、性病と言うのは性行為だけでしか感染しない物と言う訳ではなく、実際にはタオルの共有によっても感染する可能性がある病気です。
家族がもし性病になっている場合は、タオルの共有はやめてそれぞれ別々のタオルで体を拭く様にする方が無難です。
また、心配な人は洗濯する前に石鹸で洗う、漂白剤を使う、乾燥機を使って乾かすなどをすると安心です。